2017年06月19日

新幹線乗客が避難訓練で歩いた距離からリニア新幹線非常口を想う、テロ等準備罪対応も

静岡新聞が2017年6月2日に報じた新幹線の訓練を現地取材された方の記事が公開されました。著者は 恵 知仁さん(鉄道ライター)です。
東海道新幹線、深夜の「過酷訓練」を実施 その内容とは?(のりものニュース 2017.06.18)
記事の3頁目に書かれている 『「過酷」その2、歩く距離が最大級になる場所』 で気になった箇所がありますので引用します・・・(編者が改行を追加しています)

 もうひとつ今回の訓練が“過酷”だった理由は、列車から最寄り駅まで歩いて避難する距離が、過去最高の約1kmだったことです。
 JR東海によると、異常時に列車から避難する際、歩いて移動する距離は約1kmまでが目安とのこと。つまり歩いて移動する場合に最も“過酷”な状況を想定し行われた、というわけです。

先に静岡新聞を読んでいたので山梨県向け一般ブログでは記事にしていました。その記事を以下に転載しておきますが、ポイントはリニア新幹線非常口の問題です。
恵 知仁さんのレポートで上記部分には驚きました。「東海道新幹線では歩いて移動する距離は約1kmまでが目安」、リニア新幹線では5キロ間隔の非常口ですから、その中間で停車したら軌道部の歩行距離は 2.5 km、都市部大深度地下トンネルではエレベータか階段で40メートルほどの地上まで登るし、山岳トンネルでは非常口の出口まで相当な距離があります。

リニア事業を推進するにせよ批判するにせよ、既に行なわれている山梨リニア実験線での避難訓練の詳細を知っておくことは大切なはずです。
私の資料調査は不十分ですが、これまで実験線での避難訓練に関する情報は確認できていません。
地元の山梨県行政には訓練の連絡があり救急車などの配備も協力体制にあるはずだと思いますが、一般人にはそれらの状況は全く不明だと思います。

しかし非常口が設置された地域の自治体は万一の時の救援体制を計画しておく必要があるはずです。その時に実験線非常口での避難訓練が参考になるでしょう。
テロ等準備罪を考慮すれば非常口周辺には防犯カメラの設置が必要と思えます。その経費負担は事業者か地域行政かも沿線全域で統一的に検討する必要があるでしょう。

とにかく実験線非常口などについては他県他都市の行政、議員から山梨県に直接問合せるべきです。安全・安心なリニア新幹線事業の為に地域行政が考慮すべき必須要件の一つです。

新幹線客の避難誘導、迅速に JR東海、三島で震災想定訓練(静岡新聞 2017/6/2)
ちなみにJR東海の予告記事はPDFファイルですがニュース・リリース 平成29年4月21日 東海道新幹線でのお客様避難誘導訓練の実施 が出ていました。

2016年5月には東海道新幹線の静岡〜掛川間で避難誘導訓練が行なわれました。これは訓練予告と実施結果について 「東海道新幹線で避難誘導訓練実施、5月10日深夜」 に記録してあります。
リニア中央新幹線の非常口は品川〜名古屋間で5キロ間隔で設置されることはよく知られています。既に工事が始まっているところもありますが、完成しているのは山梨リニア実験線だけです。実験線ではJR東海職員による避難演習が行なわれているとの記事をどこかで読んだ記憶がありますが、非常口の使われ方など具体的な情報は確認していません。
従って2013年に 「リニア大深度地下の非常口実験設備が山梨笹子峠にある?」 と書いた記事もフォローはしていません。

東海道新幹線三島駅から1キロほどの場所、三島市加茂川町を地図で確認してみたら市街地を高架で通過している場所のようです。乗客はその線路上を駅まで歩いたのでしょう。高架線上で停車したなら乗客を地上まで降ろさねばならないケースも想定されます。歩行困難な乗客を保守用車で送る実際は知りたい。ネットのどこかに避難訓練記録動画など公開されているかも知れません。
山梨リニア実験線では保守用車は自前動力のタイヤ走行で活動していると思いますが、その動画など公開されているなら知りたい。素晴らしいシステムを支えているのはセキュリティ、メンテナンス、トラブル対策などの裏方さんなのです、ネットでも同じですから。

続きがあります・・・
posted by ictkofu at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 大深度地下

2017年04月07日

大深度地下使用の認可は告示されたのか、外環道を参考に考えてみる

リニア中央新幹線事業では大深度地下使用の認可はどのような状況にあるのか、私には未だ確認できていませんので、参考までに外環道について確認してみました。

東京外かく環状道路(関越〜東名)の大深度地下の使用の認可について(国土交通省 平成26_2014年3月28日)

平成25_2013年11月8日に関東地方整備局、東日本高速道路株式会社及び中日本高速道路株式会社から申請のありました東京外かく環状道路(関越〜東名)の大深度地下の使用の認可について、平成26_2014年3月28日付けで認可いたしましたので、お知らせします。

資料 東京外かく環状道路(関越〜東名)の大深度地下の使用の認可について(PDFファイル )
国土交通省告示 第396号
 大深度地下の公共的使用に関する特別措置法(平成十二年法律第八十七号。以下「法」という。)第十六条の規定に基づき使用の認可をしたので、法第二十一条第一項の規定に基づき次のとおり告示する。
平成二十六年三月二十八日
国土交通大臣 太田昭宏
(以下略)
官報 平成26年3月28日付(号外 第68号) ○大深度地下の公共的使用に関する特別措置法第二十一条第一項の規定に基づく使用の認可の告示(同三九六) ……… 38

この認可がおりてから3年を経過した2017年2月19日 東京外かく環状道路のシールドマシン発進式。・・・(樫田秀樹さんのブログ 2017/03/29)
『ちなみに、住民たちによれば、シールドマシン発進式といっても、実際にトンネルを掘り始めるということではなく、そのための準備に入ったということだそうです。』

リニア中央新幹線事業では、既に北品川、町田市、川崎市、名古屋市でシールドマシンを発進させる準備として非常口工事が行なわれています。認可が出る前でも大深度地下で準備を進める事は可能なのでしょう、森友学園も開校認可前に施設建設を進めていたのですが、計画が潰えて建設業者から訴訟を起されました。

首都圏大深度地下使用協議会中部圏大深度地下使用協議会 の審議記録の確認は続けたいと思います。国土交通省告示も見落としているかも知れません。
外環道事業では地域自治体からも国土交通省告示を知らせる広報も出ていましたので、リニア新幹線事業で関係する自治体からの大深度地下使用認可に関する広報も確認しておこうと思っています。
とにかくリニア中央新幹線事業の進み方は、私には理解に苦しむことばかりです。

続きがあります・・・
posted by ictkofu at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 大深度地下

2015年08月03日

大深度地下使用に係る井戸等の物件調査

JR東海、中央新幹線(品川・名古屋間)大深度地下を使用する区間における井戸等の物件調査の範囲について
中央新幹線の大深度地下を使用する区間では、ルート上に40m以上の深井戸等の物件があるかどうかの調査を行います。(大深度地下の公共的使用に関する特別措置法 第13条) 調査はルートに部分的にでもかかる可能性のある土地を対象に行います。調査範囲図は以下のとおりです。
アップロードされたPDFファイルは地図です。そのPDFファイルの作成日を読み取り、公開日の代りに編者が追記しました。2015-08-03 現在です / 2015-08-09 首都圏の(26〜40)以降がアップロードされているのを確認し、読み取れた作成日を記載しておきました
(1)首都圏
    (1〜13)品川区 [3.7MB] ※2015-07-24
    (14〜25)大田区・世田谷区 [3.9MB] ※2015-07-24
    (26〜40)川崎市中原区・高津区・宮前区 [4.2MB] ※2015-07-24
    (41〜59)川崎市宮前区 [5.5MB] ※2015-07-24
    (60〜72)川崎市麻生区  [4.7MB] ※2015-07-24
    (73〜87)町田市(1) [5.2MB] ※2015-07-24
    (88〜99)町田市(2) [3.9MB] ※2015-06-17 / 更新 2015-07-24
    (100)保守用車留置施設  [739.7KB] ※2015-06-03 / 更新 2015-07-24
      (この場所は JR貨物の梶ヶ谷貨物ターミナル です)
(2)中部圏
    (1〜17)春日井市(1) [4.9MB] ※2015-06-17
    (18〜35)春日井市(2) [4.0MB] ※2015-06-17
    (36〜51)春日井市(3) [3.6MB] ※2015-07-24
    (52〜73)名古屋市 [5.0MB] ※2015-06-17
続きがあります・・・
posted by ictkofu at 21:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 大深度地下

2015年02月01日

大深度法と東京外環道・リニア中央新幹線に関する院内集会 2月3日

外環道・リニア新幹線 緊急院内集会開催
「大深度地下の公共的使用に関する特別処置法」(大深度法)が本格的に適用されたのは東京外環道からです。そして今度は、リニア新幹線(首都圏・中部圏・近畿圏)に適用されようとしています。しかし、この大深度法には問題が山積しています。住民の声に耳を傾け、大深度地下利用の実態をこの機会にご理解下さい。緊急院内集会と記者会見を行います。
日時:2015年2月3日(火) 11:30〜13:30
会場:参議院議員会館102議室
問題提起:「大深度事業がもたらす環境負荷」辻村千尋氏(日本自然保護協会)
資料代:500円
記者会見は 13:30〜14:00 同所にて
共催:外環ネットリニア新幹線を考える東京・神奈川連絡会
院内集会チラシ

外環ネット・ホームページ | 外環道路の問題点 | 外環ネット最新ニュース | Twitter
市民による外環道路問題連絡会・三鷹 | 活動ブログ
とめよう「外環の2」ねりまの会 | Facebook
YouTube 2012/1/17 外環道7区市ネットワーク(外環ネット)( 八ッ場あしたの会が投稿した動画)
◇ 国土交通省Tokyo Ring Step_外環・外かん_東京外かく環状国道事務所
◇ 東京都都市整備局東京外かく環状道路
◇ 三鷹市東京外かく環状道路計画
大深度地下の公共的使用に関する特別措置法(2000年5月26日法律第87号)
大深度地下の公共的使用に関する特別措置法施行令
大深度地下の公共的使用に関する特別措置法施行規則
大深度地下利用で大型トンネル工事スタート 関越・大泉-東名の事業規模は東京湾アクアラインに匹敵(2014/06/16 日本証券新聞)
一般財団法人国土技術研究センターサイトで、大深度地下道路トンネルの技術と調達(PDFファイル 610 KB)がありました
「リニア、大深度法の記事」 (樫田秀樹さんが2000年頃から大深度法の取材を始めたことが書かれています。この立法の動機・経緯について考えておくことは大切です。)
「外環の2」についてはねりまの会ホームページ記事と、東京都都市整備局の記事を参照してください、興味深い話です

東京都の広報PDFファイルから引用しておきます・・・

東京外かく環状道路(外環)は、都心から約15kmの圏域を環状に連絡する延長約85kmの道路です。このうち、関越道と連絡する大泉JCTから三郷南ICまでの約34kmが供用中、三郷南ICから東関東自動車道までの約16kmについては、平成27年度の開通に向け、工事が進められています。

東京都内区間のうち、関越道から東名高速までの約16kmについては、平成21年5月に事業化され、平成22年1月より測量及び地質調査等を実施し、現在は、設計及び用地取得を進めています。

平成24年4月、関越道〜中央道についてはNEXCO東日本が、中央道〜東名高速はNEXCO中日本が、国土交通大臣の事業許可を受け、国土交通省とともに事業主体として決定しました。

また、東名高速から湾岸道路までの約20kmについては、予定路線に位置づけられています。

国土交通省の記事、3環状(圏央道・外環・中央環状)「東京を変える道路・首都圏を変える道路」 を参照しながら、リニア中央新幹線の事も、新山梨環状道路北部区間(西関東連絡道路が中央高速道路に繋がる区間)についても考えることができます。

posted by ictkofu at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大深度地下

2013年08月23日

リニア大深度地下の非常口実験設備が山梨笹子峠にある?

「リニア新幹線の工事で南アルプスの自然は壊滅するかもしれない」 2013年8月21日 「まずは問題があることを知ることが重要だと思いました。」 とお書きになったブログに気付きました。

このブロガーさんは、2013年8月20日に「東京都が奥多摩湖で使用する降雨装置の仕組み」 の記事を書いています。私は先日小河内ダムでの装置稼働ニュースを見たのですが、その時にこの東京都の施設が山梨県中央市や笛吹市にもあると報じられて大変関心を持ちました。このことは分かったら記事にします。

リニア中央新幹線の南アルプストンネル工事と環境影響の問題は既に多くの記事があります。「二軒小屋 リニア」 で検索すると私の残土処理関連の記事までヒットしますが、私の記事は全て二次、三次情報に過ぎません。
上掲記事で参照されていた日経BP社 ケンプラッツ 2008年11月04日 「リニア新幹線の南アルプス貫通ルートを予想・検証してみる」 の2ページ目で私は山梨リニア実験線笹子トンネルの意味を初めて知りました。それがこの記事を書いておく理由です。引用しておきます・・・

ここでふと、実験線の勾配が気になった。断面図を見ると、大月と甲府の間にある笹子峠の越え方が興味深いのだ。実験線は、前後約20kmの大部分をトンネルにして、中央に向かって40‰の勾配を設けている。この線形は、上記で予想した南アルプス貫通の断面に、非常に似ているではないか。
 確かに笹子峠は、付近の交通の難所の一つだ。しかしトンネル内には、断面図にあるほどのアップダウンは必要ないように思える。ひょっとすると、南アルプス貫通ルートの具体的な線形が最初に設計されていて、問題がないかどうかを確かめるために、実験線の笹子峠に似た線形を造ったのではないか――。そのように思えてくる。
 ちなみに、実験線の延伸区間では、都心の大深度地下を模した各種テストが行われることになっている。笹子峠前後の区間に、大深度地下用の排煙設備などが設置される可能性が高い。

非常口 排煙設備だけでは無いことが既に2013年7月の説明会で確認されました。2014年から営業線工事に着手するなら、その前にこの非常口実験を公開し、都民、神奈川県民、愛知県民を招いての現地見学や、救急車、レスキュー隊、乗客輸送用のバスなど緊急車両の集結なども含めたテスト運用等が、実験線を走らせながら行なわれることが期待されます。

逆に言えば、この非常口実験の公開なしに実用区間の工事着手は行なわれるべきではない、これは国政マターだと思います。国土交通省とJR東海の先走りを止められるのは国会しかないはずです。
また、「南アルプスの自然は壊滅するかもしれない」との記事を読みながら、山梨県早川町側からの情報発信を私は未だ確認していないことにも気付きました。2012年10月16日 「早川町はトンネル景気だけど終わると思う」 がヒットして読めた程度です。南アルプス山梨側についてはこれから情報を確認していきたいと思っています。

2013年8月29日から山梨県内42キロの実験線で実験走行が再開されるとのニュースを見たように思います。私は時間が無いので既に発表された実験線の詳細情報、地図とか路線各地の写真とかは確認していませんが、今日はたまたま非常口実験設備もあるらしいと気付いたのでメモしておきます。 しかし、これはケンプラッツの記事と説明会の経緯と私の推測の合算に過ぎません。
原発人災の二の舞だけは避けて欲しい、それは的確な情報の精査で避けられると思っています。それだけのことです。

続きがあります
posted by ictkofu at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 大深度地下