2021年06月05日

大深度地下工事都内工区の説明会、6月8日開催(予定) 続報

2021年06月15日  リニア大深度シールドマシントンネル工事をこのまま始めてはいけない理由(奈須りえ、大田区議会議員) 中見出しだけご紹介させていただきます。
 ◆気をつけながら工事したら、リニア工事は大丈夫!?
 ◆東日本道路はシールド掘削と陥没の因果関係を認め補償 外環道は、今後も追加ボーリング
 ◆大深度地下認可だけでは安全を保障できない
 ◆支持地盤が固ければ大丈夫?
 ◆掘りながら調査で大丈夫?
 ◆原因は、事故後にボーリングして判明
 ◆ふれなかった二つの調査結果
 ◆JRも認める工事の振動は地表に伝わる
 ◆JR東海が触れなかった下水管の沈下と剥離からみた、大田区、東京都、JR東海の責任
 ◆密集する地下インフラ 大深度トンネル工事でも大丈夫?
 ◆更に好ましくない事業に譲渡される前にリニア事業は廃止すべき
東京新聞ニュース(先に書いていた記事は下に移動)で知り6月4日に記事にしたのですが、お二人の方がこの件について発信されている事に気付きましたのでご紹介、更新しました。
◇ 2021.05.26 リニア中央新幹線 シールド工事にかかわる説明会が開催されます(井上八重子様、元品川区議会議員)
◇ 2021.05.26 (6月8日火曜日14時〜)リニア中央新幹線シールドトンネル工事説明会(奈須りえ様、大田区議会議員)
お二方の記事でJR東海が配付した[シールドトンネルにおける安全・安心等の取り組みについての説明会のお知らせ](チラシ全文)が紹介されています。
 日時 2021年6月8日(火) 14時00分から(開場は30分前)
 会場 きゅりあん(品川区立総合区民会館) 8階大ホール 
このチラシに書かれています・・・ご説明内容は、6月9日(水)以降準備でき次第、東海旅客鉄道株式会社のホームページ「中央新幹線計画に関する公表資料等」でご覧いただけます。
会場は座席1,000人規模ですがコロナ禍対策として500人まで、品川区、大田区、世田谷区の住民を対象として事前予約は不要とのことです。
東京都都市整備局、毎年のリニア中央新幹線建設促進期成同盟会総会の開催について広報している機関ですが、今回の説明会について広報はありません。
品川区、今回の説明会に区の施設を貸すのですから何が行なわれるかは承知しているでしょうが・・・
大田区ではリニア中央新幹線品川・名古屋間建設事業ページがあるのですが区のWebサイトに該当情報は無し
世田谷区はリニア事業に関心は無いかも知れないと私は思って来ました。
コロナ禍の最中であり、まして東京都は緊急事態宣言地域であるにも係わらず、平日の午後に住民説明会を行うという事業者のスタンスから何を思うかは人それぞれでしょう。JR東海さんは自縄自縛の道を選んだのかと思うことにして後日の「ご説明広報」を待ちます。
2021.06.03 地下深くの工事「本当に安全か」 調布陥没事故、広がる余波 リニア計画のJR東海、説明会開催へ (2021年6月3日 06時00分 東京新聞)
 東京都調布市の東京外郭環状道路(外環道)の地下トンネルルート上で陥没や空洞が発生した問題を受け、JR東海が8日に、リニア中央新幹線の工事に関する住民説明会を品川区で開くことが分かった。外環道と同様に深さ40メートル超の大深度地下をシールドマシンで掘る工事のため、沿線住民の不安を解消する狙い。参加予定の住民は「真摯な説明を」と求めている。(梅野光春)
 「JR東海は、品川、大田、世田谷の3区を通るトンネル9・2キロの沿線住民に、施工上の安全対策を説明する。」 との事です。
この記事の後半は外環道の陥没事故にも触れており、自社記事の <社説>調布陥没の波紋 リニア工事は大丈夫か(2021年2月24日)と 【独自】外環道、トンネル掘削工事を2年凍結 調布の陥没問題で一部区間 地盤補修を優先(2021年3月5日)もリンク紹介しています。
【上記社説から引用】
 気になるのは、2027年の開業を目指すリニア工事だ。外環道と並び、大深度法が認めた代表的な事業で、東京都品川区−川崎市−町田市(33キロ)と愛知県春日井市−名古屋市中区(17キロ)の大深度で近く着工を予定する。
 今回の陥没で、大深度工事は「地上に影響しない」という大前提は崩れたといえる。より厳密な施工管理は必須であり、工事への疑問に誠実に答えることが求められよう。赤羽一嘉国土交通相がリニア着工前に、外環道陥没の原因究明や、再発防止策の取りまとめが必要との認識を示していることは当然だろう。
 リニアはそれでなくても、南アルプス(静岡市)を貫くトンネル工事による大井川の流量や地下水への影響を巡り、地元とJR東海の対立が続いており、静岡県内の着工は見通せていない。
 道路や鉄道には公益性があるがゆえに国費が投じられたり、特例が認められたりしていることを事業者は肝に銘じてほしい。安全確保や情報開示の徹底など、真摯な姿勢を忘れてはならない。
posted by ict工夫 at 01:00| 工事

2021年06月04日

神奈川県東百合丘非常口工区での住民説明会

神奈川県川崎市での大深度地下工区での住民説明会については、樫田秀樹氏が記事にしておられます。
2021.06.03 「中央新幹線に係るシールド機組み立て棟の工事説明会」。参加者、たった20人
 神奈川県川崎市では来年、大深度でシールドマシンが発進。そのシールドマシン組み立てについての説明会での質問は、調布市でシールドマシンが原因の陥没が川崎でも起こらないかに集中した。
 2021年4月8日。JR東海は「中央新幹線に係るシールド機組み立て棟の工事説明会」を開催。事前に周知されていなかったのか、ほんの20人くらいしか参加しなかったようだ。
この大深度地下工区は東百合丘非常口から始まります。この件に関しては事業者発信のPDFファイルがあります・・・
 2021年5月20日 中央新幹線第一首都圏トンネル新設(東百合丘工区)ほか工事における環境保全について(シールド機組立工事等)(東海旅客鉄道株式会社)
 令和3年5月 中央新幹線第一首都圏トンネル新設(東百合丘工区)ほか工事における環境保全について (シールド機組立工事等) (東海旅客鉄道株式会社)
私は 2016年11月12日 東百合丘非常口新設工事は2016年11月7日に契約締結された を書いておりましたが、改めて 上空からの現地画像(Google 画像)を開いてみたら東百合丘非常口は工事中の写真になっていました。
東百合丘非常口
posted by ict工夫 at 07:00| 工事

2021年05月31日

JR東海が山梨工区トンネル非常口工事を公開(報道記録)

2021.05.17 静岡からわずか2km、JR「山梨リニア工事」ルポ 同じ南アルプスでも湧水少なく、掘削は順調 by 大坂 直樹(東洋経済オンライン)
2021.05.16 「南アルプストンネル」へ行ってみた リニア中央新幹線 建設工事の注目ポイント by 恵 知仁・鉄道ライター(乗りものニュース)
【編注・山梨県メディアの記事だけで 2021-05-12 にアップロードしたのですが、上記2点が確認できましたので5月31日として更新しました。】
2021.05.12 リニア中央新幹線 トンネル工事の現場を報道公開(NHK甲府放送局 05月12日 19時19分)
リニア中央新幹線は静岡県が県内の着工を認めずJR東海が目標としている2027年の開業が難しくなっています。
こうした中、山梨県では難工事の一つとされる南アルプスを貫くトンネルの工事が進められていて12日、その現場が報道陣に公開されました。
公開されたのは山梨県早川町にあるリニア中央新幹線の「南アルプストンネル」のトンネル本線の工事のための通路などの役割を果たす「斜坑」と呼ばれるトンネルの工事現場です。
12日は、トンネル本線の南側にある斜坑の出入り口付近の様子が公開され、内部から、掘削で出た土砂などを運び出す装置や掘削用の爆破に使われるダイナマイトを設置する重機が置かれていました。
JR東海によりますとこの斜坑は全長およそ4キロで現在、8割近くにあたる3.3キロの掘削を終えていて、来年5月ごろにはトンネル本線に到達し、既に始まっている工事に合流する予定だということです。
「南アルプストンネル」は完成すれば全長およそ25キロ、深さは最も深い部分で地表から1400メートルで、地層が複雑に入り組んでいることなどもあり難工事とされています。
「南アルプストンネル」の斜坑は今回公開されたものも含め山梨県、静岡県、長野県であわせて7つあり、トンネル本線の工事で機材などの搬入や土砂の搬出などの役割を果たす通路として利用されるほか、リニア開業後は災害時の避難経路などに活用されるということです。
リニア中央新幹線をめぐっては水資源への影響の懸念から静岡県が県内での着工を認めず目標としている東京、名古屋間での2027年の開業が難しくなっています。
また総工事費がこれまでの見通しより1兆5000億円膨らみ、7兆円余りに上ることが明らかになっています。
JR東海山梨工事事務所の中川隆広所長は「山梨県側では工事は順調に進んでいます。一日も早い開通に向けて今後も安全確保を行いながらしっかりと工事を進めていきたいです」と話していました。
20210.0512 JR東海「工事は順調」リニア工事 南アルプスを貫くトンネルの非常口を公開(YBS 2021.05.12 19:36)
リニア中央新幹線の工事で南アルプスを貫くトンネルは全長25キロでこのうち山梨工区は7・7キロの区間です。
ここにはトンネル本体につながる非常口が2本あります。
5月12日、この内の山梨県早川町にある広河原非常口の工事現場が報道陣に公開されました。
JR東海は工事は順調だとしています。
5月12日公開されたのは早川町にある広河原非常口です。
このトンネルは全長約25キロの南アルプストンネルのうち約7.7キロの山梨工区の工事を行うため造られているもので、リニア開業後は非常用としても使われます。
全長4.1キロのうち約8割にあたる3.3キロ地点まで掘り進められ、現在、1日に3メートルから4メートルの速さで掘削作業が行われているということです。
トンネル工事が行われている場所の地層は想定より湧き水の量が少なく、作業は順調で、あと1年ほどで工事は完了する見込みだということです。
なお、リニア新幹線をめぐっては、静岡県が工事による大井川の流量減少を懸念し静岡工区の着工を認めていません。
このためJR東海は目指していた東京ー名古屋間の2027年の開業は難しいという考えを示しています。
2021.04.28 JR東海「財投追加借り入れせず」 リニア建設費増加で(日本経済新聞 2021年4月28日 19:00 [有料会員限定])
JR東海は総工費が膨らむリニア中央新幹線をめぐり、財政投融資による追加借り入れを実施しない方針だ。これまで3兆円の融資を受けているが、建設費の増加は本業で稼ぐ現金や社債発行、一般的な借入金で賄う。借入金などの長期債務は2021年3月末の4兆9326億円から、29年度には6兆円に膨らむ見通し。
JR東海は日本経済新聞の取材に対して「現在、財政投融資によるさらなる借り入れをする考えはない。資金調達はその時々で最適な方法で行う」と説明した。新型コロナウイルスの流行を受けて最近は旅客数が落ち込んでいるが、ワクチンが普及して客足が回復すれば大型の資金調達ができると見込んでいる。
財政投融資は、インフラ整備などに政府がお金を出す仕組み。JR東海は当初、民間からの借り入れを検討していたが、40年間の固定金利で条件が良いため鉄道建設・運輸施設整備支援機構を通じて借り入れている。
リニアの工事を巡っては東京・品川―名古屋間の総工事費がこれまでの計画より1.5兆円増え7兆円に膨らむとの見通しを27日に公表した。工事が想定以上に複雑で追加の対応が必要で、地震対策なども充実させる。同社は経営の健全性と安定配当を維持できない場合は、工事のペースを調整するという。
posted by ict工夫 at 23:19| 工事

2021年05月26日

大井川“命の水”と“生物多様性”を守る活動(紹介)

大井川の水を守る62万人運動  今回のクラウドファンディングを実施された組織のホームページです。
リニア新幹線を考える静岡県民ネットワーク(Facebook)

大井川“命の水”と“生物多様性”を守る活動にご支援をお願いします。(支援募集は5月30日(日)午後11:00まで)(以下、部分引用)
 みなさんは、JR東海の「リニア中央新幹線南アルプストンネル工事」の影響で、大井川の“命の水“が減り、流域の暮らしと南アルプスの生物多様性が大きく損なわれるかしれないということをご存知ですか?
 わたしたちは、JR東海に科学的根拠に基づいた十分な説明を求めてきましたが、実現されていません。また、県は国交省と環境省に情報開示と議論を求めていますが、誠実な対応がされているとはいえません。科学的根拠を欠いたまま、また、十分な議論がなされないままに、トンネル工事が進められることがないよう、そしてなにより、南アルプスの恵みである大井川の“命の水”と“生物多様性”を守りたいという思いで、活動をはじめました。
リニアを考えよう!コミュニティー (リニア問題を取り上げている Facebook)で知りました。静岡県の有志が開設されてリニア中央新幹線沿線各地の人々も参加されています。時にはリニア中央新幹線事業推進を説かれる方々の投稿・議論もあるので、私も情報を得る為に時々拝読しています。
 Facebookにログインしていれば、メンバー登録していなくても通常のブログなどと同様に読むことができます。ですから、マスメディア、ジャーナリスト、行政関係者など多彩な読者がおられるのではないかと私は思っています。
クラウドファンディングに気付いたので上記のようにサイトを確認して、このブログでもご紹介しておく事にしました。
posted by ict工夫 at 22:58| 静岡県

2021年05月21日

山梨県内は沿線8割に防音防災フード、JR東海が知事に説明

2021.05.21 リニア中央新幹線 県内地上区間の約8割にフード設置と説明(NHK甲府放送局 05月21日 18時12分)
リニア中央新幹線の県内の地上を走る区間で線路をコンクリートで覆う、「防音・防災フード」の設置について、JR東海は21日、知事などに対して技術的に難しい区間などを除き、地上区間のおよそ8割に設置する計画を説明しました。

リニア中央新幹線が県内で地上を走行するおよそ27キロの区間については長崎知事などが騒音対策や富士山の火山灰対策のため原則、すべての区間で、線路をコンクリートで覆う「防音・防災フード」を設置するよう求めていたのに対し、JR東海は、発生する熱を逃がせなくなるなどとしていました。
これについて検討を進めてきたJR東海は、甲府市で開かれた県の期成同盟会の総会に集まった知事や計画ルート沿線の市長や町長に対し地理的条件などのため技術的に難しい場所と河川や農地など住居の少ない場所を除く、地上区間のおよそ8割にフードを設置するという計画を説明しました。
残りのおよそ2割は、10か所のあわせて4キロから5キロほどでこの区間では高さ2メートルから6メートルの「防音壁」を設置するということです。
この区間の沿線の住宅で、騒音が70デシベルを超える場合は防音型アルミサッシへの取り替えなどの対策を行うとしています。

また、富士山の火山灰対策として、噴火した場合も夜間などに除去作業をして運行できるとしています。
JR東海は早ければ来月以降、沿線住民への説明を行う予定です。
JR東海の宇野護副社長は「引き続き工事の安全や環境の保全、そして地域の連携を重視し、計画を着実に進めていきたい」と述べました。
長崎知事は、「できるかぎり最大限の誠意ある対応をしていただいたことは高く評価し感謝したい」と述べました。

【以下引用は略します】 リニア中央新幹線をめぐっては南アルプス市の住民がJR東海に対し工事の差し止めを求める裁判を行っていて、原告団の代表の志村一郎さんは「およそ8割にフードが設置されると聞くと多少は騒音も抑えられるように感じるが、不安は癒えない」と話しています。
また、志村さんは、「防音壁の区間に近い住宅には生活に影響があり、防音型のアルミサッシに取り替えても夏場も窓を閉め切って過ごさなければならないなど問題は残っている。どの程度騒音が抑えられるのか具体的な説明を聞きたい」と話していました。
この件は山梨県内だけでは無く、地上走行がある沿線地域の全てに関係します。
関係地域について書いたブログ記事は、ブログ記事のタグ・カテゴリー索引で整理していますので、ご参照ください。一例として 南アルプス市・2019年11月17日 リニア中央新幹線工事差し止め等請求訴訟 第2回弁論 11月19日
 過去の状況から考えれば、JR東海サイトで山梨県知事に説明した内容が掲載されることは無いでしょう。それは他都県でも同じかと思います。
 2021年6月以降、沿線住民への説明を行う予定との事ですが、その説明会もJR東海が指定する地域住民に限られ、各地説明会ではマスコミ取材も限定されると思えます。これまでの事業者のスタンスから導かれる想定です。
 沿線地域によっては、開催された閉鎖的説明会の内容を他都市の人々にも伝えておこうとする地域住民からの情報発信はされない場合も多いです。
これは地域自治体でも同様です。行政によってはリニア中央新幹線の「いいとこ取り」発信はしても問題対策発信はしていないケースがあります。
今回の山梨対策フード事案は、これからのリニア中央新幹線事業がどの様に進むかを国民が判断するよい事例になるでしょう。
続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 19:00| 環境影響