2021年11月16日

南アルプス自然環境とリニア中央新幹線工事の関係

2021.11.16 リニア新幹線と標高3000mの自然の気になる関係 生物多様性維持という観点で懸念を払拭できるか by 河野 博子 : ジャーナリスト(東洋経済)
 この記事を知りました。2020年当初からコロナ禍の状況をフォローするのに注力して来て東洋経済も確認していなかったのですが、リニア関係のFacebook投稿で知りましたので、久しぶりに全文拝読しました。
記事の末尾に書かれています・・(強調は引用者)・
 登録から10年ごとに審査を受け、“合格”すれば登録が継続される。地元自治体が審査を受ける際の書類を作成し、文部科学省を通じてユネスコに提出する。南アルプスの場合、2023年には書類を完成させ、文科省に出す必要がある。その際、リニア中央新幹線の建設事業によりどの程度影響が生じるのか、事業者、政府、県をはじめ地元自治体はどのように対処するのか、明確に示さなくてはならない。
(中略)
 JR東海は、南アルプスユネスコエコパークが10年目の認定継続審査に通るようなデータを示せるのか。研究者や登山者、市民の懸念を払拭できるのか。世界で自然生態系、生物多様性の保全への懸念が高まる中、関心は高まりそうだ。
春夏秋冬の状況を調査する必要があるなら1年間かかるでしょうから、その前(2022年中)に南アルプス静岡工区の本工事を始められるのでしょうか。
そもそも現行の Cルート が決定される段階で確認されていなければならなかった問題ではないのかと、素人の私は感じます。
リニア中央新幹線事業は何故こうなったのか、おそらく日本の政治(政府・国会の組織態様)に深い関係があるだろうと感じた事が、私が縁もゆかりもないリニア中央新幹線事業に関心を抱いた理由でした。 何から何を感じたのか、当時確認した資料を保存したハードディスクを思い出し見つけ出せたら整理しておきたいと思っています。
続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 15:00| 環境影響

2021年11月10日

リニア工事が暗礁の懸念、不要論も(メディア記事紹介)

(2021.11.08 06:05) 東海道新幹線がドル箱だったJR東海の22年3月期決算の業績予想によると、最終損益は300億円の赤字になる見通し。最終赤字は2期連続。コロナ禍に伴う外出自粛で鉄道需要が落ち込んだことが要因だ。今後も厳しい環境が続く。
 在宅勤務やリモート会議が一般化するなか、仮にコロナが収束したとしても以前の水準に需要が戻るとは考えにくい。そうなると、移動時間の短縮を図ることが目的の「リニアは不要」(30代会社員)となりそうだ。
 静岡県以外でもリニア反対論が巻き起こるなど、同社は向かい風にさらされている。
 在宅勤務の浸透、静岡県民の厳しい世論、不透明感漂うコロナのゆくえ。この3つの難題をクリアできなければ、ルート変更どころか、リニア建設そのものが暗礁に乗り上げるリスクを抱えている。(文=編集部)
以上は 「リモート普及でリニア不要論」 と題された章からの引用です。
『JR東海社長の認識不足ぶりに関係者が唖然…リニア工事が暗礁の懸念、不要論も』 ビジネスジャーナル|Business Journal・・・会社概要_株式会社サイゾー(CYZO Inc.)
私が初めて気付いたサイトでしたので、発行社も確認しました。
このサイトの過去記事を確認しておきたいと思います。
posted by ict工夫 at 20:00| リニア中央新幹線

2021年11月09日

長野県・伊那山地トンネル(坂島工区)工事で事故(報道記録)

リニア工事で再び事故 1人けが、長野のトンネル(2021年11月8日 18:38 (2021年11月8日 20:47更新) 日本経済新聞)
 JR東海は8日、リニア中央新幹線の長野県豊丘村のトンネル工区(坂島工区)で土砂が崩れる事故があり、50代の男性作業員1人が右脚に軽傷を負ったと発表した。
リニア工事を巡っては、10月27日に作業員2人が死傷するトンネル崩落事故が岐阜県中津川市で発生。坂島工区は一時中断後、11月1日に再開したばかりだった。
 JR東海によると、事故は8日午前8時20分ごろに伊那山地トンネルの同工区で起きた。斜坑と呼ばれる作業用トンネルを200メートルほど掘削した先端で、発破用の火薬を装塡していた最中、作業員の1人が異常に気付き退避を指示。幅約6メートル、高さ約5メートルにわたって掘削面が崩れ、退避中の50代作業員に土砂が当たり病院へ運ばれた。右脚のふくらはぎ筋肉の炎症だった。
 事故当時は8人が坑内にいたという。
 崩落事故防止のためのガイドラインを順守していたことは確認したという。同社は労働基準監督署に報告し、今後事故原因を調査する。
 今回の事故を受け、坂島工区は工事を再度中断。安全対策をした上で再開する方針だが、時期は未定だ。他の工区については工事を継続する。
 JR東海は「けがをされた方にお見舞いを申し上げる。原因を調査し、再発防止に努める」とのコメントを出した。〔共同〕
共同通信の配信記事を掲載・・・
 リニア工事で再び事故 長野県の坂島工区で土砂崩れ、50代男性作業員負傷(2021年11月8日20時44分 日刊スポーツ)
【豊丘村】リニア中央新幹線伊那山地トンネル・坂島工区の斜坑掘削現場で男性作業員が軽傷 発破準備中に土砂崩落( 2021年 11月 9日 火曜日 15時08分 南信州新聞)
 JR東海は8日、豊丘村のリニア中央新幹線伊那山地トンネル坂島工区(約5・1キロ)の斜坑掘削現場で同日午前に崩落が発生し、50代男性作業員が軽傷を負ったと発表した。事故原因の調査のために当面の間、同工区での工事を中断するが、その他の工事は続ける方針という。
【中略】
 事故は午前8時20分ごろ、坑口の坂島非常口から約200メートル掘り進んだ地点で発生した。JRによると、発破のため切羽(掘削面)に開けた穴に火薬を入れていたところ、作業員の1人が異変に気付いて退避を開始。その際に切羽の左側が幅約6メートル、高さ約5メートル、厚さ20〜50センチにわたって崩れ、5立方メートルの土砂の一部が男性作業員の右脚に当たった。
 男性作業員は工事を請け負う建設会社の車で松川町内の病院に搬送されたが、右ふくらはぎの筋肉の炎症と診断された。坑内には当時8人の作業員がいたが、他にけが人はいない。
 坂島非常口から本坑トンネルまでつなげる延長約1・44キロの斜坑で、ことし7月に掘削に着手。山岳工法のNATM(ナトム)で掘り進めている。10月27日に岐阜県中津川市のリニア瀬戸トンネルで発生した死亡事故を受けて掘削を一時中断し、1日に再開したばかりだった。
 同社広報部によると、事故の原因は不明。「厚労省の定めるガイドラインに沿って作業を行っていたことは確認できている」とした。
 いずれの事故も掘削した表面の土砂や岩石などが落下する「肌落ち」という現象が起きたとみられるが、「中津川の事故は発破後、今回の事故は発破前で状況が違う」と説明している。
 事故を受け、飯田市の佐藤健市長は「中津川の事故を受けて安全対策の徹底などについて申し入れを行った矢先の事故であり、大変遺憾。連絡体制も含めた危機管理体制の再徹底を強く要望していきたい」とコメントした。
リニア工事で再び事故 1人けが、長野のトンネル(2021/11/8 19:10 産経新聞)
JR東海は8日、リニア中央新幹線の長野県豊丘村のトンネル工区(坂島工区)で土砂が崩れる事故があり、作業員1人が右脚に軽傷を負ったと発表した。リニアのトンネル工事を巡っては、10月27日に作業員2人が死傷する崩落事故が岐阜県中津川市で発生。坂島工区は工事を中断し11月1日に再開したばかりだった。相次ぐ事故に安全管理の在り方が問われそうだ。
JR東海によると、事故があったのは8日、伊那山地トンネルの工区。斜坑と呼ばれる作業用トンネルを掘削するため、トンネル先端で爆破に関連する作業中、監視責任者が異常に気付き退避を指示。退避中の1人が崩れてきた土砂に当たり、病院に運ばれたという。
リニア伊那山地トンネルで事故 土砂当たった作業員搬送(2021/11/08 17:33 信濃毎日新聞)
 JR東海は8日、リニア中央新幹線伊那山地トンネル(坂島工区)新設工事で、作業員1人に肌落ちした土砂が当たったため、病院に搬送したと信濃毎日新聞の取材に明らかにした。右脚にけがをしているもよう。斜坑内で作業をしていたという。同日夜に概要を説明する。
続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 16:00| 工事

2021年10月27日

岐阜県工区・瀬戸トンネル工事の現場事故

この記事はWebサイトで整理・追録して継続します・・岐阜県工区・瀬戸トンネル工事の現場事故
JR東海トップページ (ニュースリリース で継続的な情報確認が可能でしょう)
2021.10.28 中央新幹線瀬戸トンネル新設工事における切羽の肌落ち等について(PDF 117.6 KB)(第1報)
企業・IR・採用(リニア中央新幹線の情報あり)
 工事の安全・環境の保全・地域との連携(岐阜県)
  中央新幹線瀬戸トンネル新設工事における環境保全について(PDFファイル)
奥村組
 2021.10.29 中央新幹線 瀬戸トンネル新設工事における切羽の肌落ち等について・・・中央新幹線瀬戸トンネル新設工事における切羽の肌落ち等について(PDFファイル)【JR東海発表資料と同じ】・「なお、10月28日現在の状況については、発注者である東海旅客鉄道株式会社と共同で記者会見を行い、連名で「中央新幹線 瀬戸トンネル新設工事における切羽の肌落ち等について」を公表しております。」
 2021年10月27日22時過ぎのNHKニュースで事故を知りました。メディアのリンク集で一通り確認をしたので下記に残します。時間経過で記事内容が変わったケースもありましたが私が読んだ記事からの引用です。
 事業者JR東海と国土交通省が国民に対して今回の事故をどの様に説明し、リニア中央新幹線建設事業において今後の事故を防ぐ為の対策をどのような情報として発信するかに注意していきたいと思います。
 お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りし、ご親族の皆様にお悔み申しあげます。
続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 23:00| 工事

2021年10月13日

東京大深度地下の調査掘進開始 10月14日から品川で

2021.10.12 品川で14日からシールドマシン発進 リニア中央新幹線初の大深度掘削 住民反発も(東京新聞 2021年10月12日 20時58分)
 JR東海は12日、東京―名古屋間で進むリニア中央新幹線の工事で、14日に東京都品川区の深さ40メートル超の大深度地下で、シールドマシンを発進させると発表した。同社によると、大深度地下を掘るのはリニア全線で初めて。(以下、東京新聞サイトをご覧ください)
2021.10.13 リニア中央新幹線、首都圏でのトンネル掘進を準備…調査掘進を10月14日着手(レスポンス 2021年10月13日 06時45分)
 R東海は10月12日、リニア中央新幹線「第一首都圏トンネル」新設工事の北品川工区において、10月14日から「調査掘進」に着手すると発表した。(その他、レスポンスをお読みください)
上記2本の記事に書かれている「調査掘進」という名称を私は初めて知りました。
 『JR東海は今回の掘削を地盤への影響などを調べる「調査掘進」と位置付け、年度内に約300メートル掘る。』(東京新聞)
 『調査掘進とは本格的な掘進の前に実際にシールドマシンを動かし、地盤の変位や振動などを計測して工事の安全性を確認するもので、これについてJR東海では、8月27・29日、9月1日に説明会を開催している。』(レスポンス)
 JR東海のリニア説明会は地元の人々に限定して行なわれるようで、メディア記者なども傍聴も出来ないと読んだ事があります。
その説明会での配付資料や内容が後日に事業者サイトで掲載されているかどうか私には不明です。事業者サイトを調べても私には情報が見つからず、住民の方々がネット発信している場合に読めることがありました。
リニア中央新幹線の建設事業とはそういうものなのだと私は思っているのです。私がリニア中央新幹線事業に関してWebで記録しているのは、せめて手に入った資料類は誰でも読めるように残しておきたい、それだけの理由です。
続きがあります・・・
posted by ict工夫 at 23:00| 大深度地下